物部町のおススメスポット① 大栃のムクノキ

「そらいろRoom」の風(ふう)です。

実はまだ1回しかご紹介していない
物部町!!

市内まで少し距離もあり
買い物は香北町や土佐山田町よりは
不便かもしれませんが

川沿いにある街中は
とても静かで雰囲気が良く
本格的な田舎暮らしを堪能したい方
物部川が好きな方には
とても良い土地だと思います。

それでは今回は大栃にあるムクノキ
見に行った話になります!

大栃の吊橋(赤石橋)

大栃のムクノキの場所

大栃のムクノキは物部町大栃の
住宅地にあるとの事。

まずは大栃橋を渡ってに行くと
大栃ヘリポートが見えてきます。

さらにどんどん進んで
住宅街を登っていきます。

ナビ必須です!道も細い箇所があるので
気を付けながら進みましょう!

しばらく登って進むと・・・
目立つのですぐ分かる!!

道路の真上にまで伸びる
枝!?幹!?

あまりの長さにびっくり(*‘ω‘ *)

反対側からはこんな感じ。

背の高い車は通れるのだろうか・・・

阿闍梨神社

近くで見てみます。

鳥居があったので調べたら
阿闍梨神社という名前でした。

根元の周囲は約7m
推定樹齢は約400年と
書かれていますが
昭和57年でこの樹齢なので
440年は経っているのかな?

昔、山津波の為に押し流されて
このような形になったそうです。
すごい生命力だ!!

高知県指定天然記念物

根本はこのような形になっています。

小さな石灯篭がたくさん根本にあります。
近くにはお賽銭入れもありました。

高さ1.2メートルの所で分岐している為
根本は凸凹しています。

必死に生き抜いた証ですね。
ちなみにこのクスノキは
高知県指定天然記念物に指定されています。

ある日、窪んだ所に穴が空いて
トトロの部屋にでもつながっていそう(*^^*)

3つに分岐した枝

上を見ると迫力のある分岐した枝。
樹高約20mもあり
ガッツリ柱で支えられています。

1つの枝はすぐ手の届く位置にあるので
触れますよ(*^^*)

スリスリしてきました♪

もう枝なのか幹なのか分かりませんが
ここでは枝と言っています(笑)
どちらで言うか、けっこう悩みました!

枝はよ~く見ると
主に3つに大きく分岐しています。


特に①は道路まで伸びて
さらに民家まで伸びています!!

こんなに横に伸びた木を見たのは初めてです!

大栃のムクノキ 基本情報

この時は雨で静かだったのですが
晴れている春や秋ごろだと
鳥のさえずりも聞こえて
さらに良かったのかもしれません♪

木の周辺はとてもキレイに手入れされていて
地域の方に大切にされているのが分かります。

奥物部ふるさと物産館
ライダーズイン奥物部から近いので
近くに行った際は
見に行ってみてはいかがでしょうか?

場所はこちら↓


それでは今回も読んでいただき
ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA